フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

勝ち残るフリーエンジニアは営業スキルが違います!

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニアの営業スキルとは?

フリーエンジニアの営業スキルとは?

フリーエンジニアの市場価値は誰が決めているのでしょうか。それは報酬額を決める顧客です。彼らは高い報酬を払ってでも依頼したい相手を選ぶものです。したがってフリーエンジニアの市場価値は顧客が決める報酬によって決められているといって過言ではありません。では、顧客が高い報酬を支払っても依頼したいと思う市場価値のあるエンジニアはどんな特徴があるのでしょうか。

強みを適切な場で活かす

例えば優秀なシステムが必要でシステムへの投資を惜しまない業界があるとします。そういった業界において市場価値の高いエンジニアとは、特定の分野に精通しており、その分野の優秀なシステムがつくれる人です。したがって、エンジニアの技術力が最低限あるならば、特定の分野に精通していることが強みとなり、この場合は求められるスキルとなるのです。
自分の強みをつくり、知ってそれを売り込んでいくことが1つの方法です。そして、その強みを売り込むのに必要なのが営業力です。営業する際に現実的な解決策を提案されると顧客としても想像がつきやすいものです。想像できるということは、それが顧客自身が欲しいと思っているものかどうか分かりやすいことでもあるので、それがニーズにマッチすれば高い報酬でもクライアントは喜んで支払ってくれます。
一般的な企業のように、営業とエンジニアが分かれている場合は、営業担当者がすべてを理解するのは限度があると思います。しかし、エンジニアが営業をする場合、具体的な提案もしやすくなります。さらに自分の強みを活かせる方法で提案することでより市場価値はあがるでしょう。自分の強みを活かしていくには、その強みを活かせるところへ自分で売り込んでいかなければならないのです。

営業力をつける

ただ営業しても営業力がないと仕事は回ってきません。営業とは信用を勝ち取ることだと思います。営業力がないと上手く顧客と対話できず、必要な信用を得られないものです。営業で最も大切なのはマッチングです。顧客が求めているものを察知し、誰に・何をするかという点が明瞭な営業をしなければなりません。それがニーズとマッチしていると顧客が報酬を支払ってくれます。そのためには探し方、聞き方、伝え方といった営業のノウハウを身につけていくことが必要になります。探す、というのは自分の強みを最大限活かせるような顧客を見つけることです。どんなに伝え方が上手くても強みと合致していなければ、その分野を強みとする人の方が市場価値は高くなってしまいます。
「聞く」とは顧客の話を聞くことです。誰に・何を、といった顧客のニーズが具体的に分かれば分かるほど提案したものが彼らのニーズとマッチしやすくなります。最も欲しがっているものを提案できれば市場価値が高まります。そして「伝える」ですが、これはいくら自分の主張をしてもそれが相手に届かなければ意味がないということです。顧客のニーズに最もマッチするような提案を思いついているとしても、それが正しく伝わらないと提案をできていないことと同じなのです。

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】