フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

転職を検討するならフリーエンジニア向けの求人募集案件もチェック!

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニア募集案件を検討してみよう

フリーエンジニア募集案件を検討してみよう

会社を辞めフリーランスで働いているエンジニアの方も珍しくなくなりました。フリーエンジニアとして開業しようか迷っている方も多いことと思います。そこでフリーエンジニアとして独立した場合と会社員の場合のメリットとデメリットを考えてみましょう。

会社員の特徴

まず多くの人がなじみのある会社員としてのメリット、デメリットをあげていきます。
何といっても収入が安定していることが最大のメリットです。毎月決まった給料が支払われ、さらに有給休暇や労災保険などがあるので病気や怪我で仕事ができない場合の収入も保障されています。スキルアップなどの際にサポートしてくれる企業も少なくありません。普段の生活に不安が無く、安心が大きいですよね。
しかし、年功序列制度や個人の能力や業務量の差に疑問を抱いたことはありませんか?評価はされるかもしれませんが、自身のエンジニアとしての実績というより会社の実績となります。それに加えてサービス残業などにより適切な報酬が支払われないといったこともあります。また、組織として働いているので時間や規則が決められており通勤のストレスや副業の禁止などがあります。休みたくても休めないときもでてきますよね。これらのことから会社員のメリットとしては収入が安定していること、様々なサポート制度があるということがあげられますが、デメリットとしては、能力に見合った適切な報酬が得られない、生活に制約ができる、人以上に稼ぐことができないということがあげられます。

フリーエンジニアの特徴

ではフリーエンジニアにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
まず自分のエンジニアとしての評価がダイレクトに報酬に反映されます。そのため、独立を考えた方のほとんどが収入が増えたそうです。仕事を選べるので生活の自由度は高くなり、稼ぎたい人は頑張れば頑張っただけ収入が増えます。プライベートを充実させたい場合にはしっかり管理をして仕事をすれば、勉強や遊び、家事などのための時間を確保することができます。また、副業も可能です。確定申告により節税できるので、会社員よりも収入が増える場合もあります。技術書やパソコン、プロバイダとの接続費用などを経費として申告できます。自宅で仕事場として使う場合には家賃の一部も対象になります。しかし、これらは会社員のときには会社が代行してやってくれていたことであり、少し面倒な作業でもあります。さらに保険などは自分で入らなければならず、有給休暇などもないので病気や怪我をした際の収入が保障されません。また、自由度が大きい分、自己管理が大事になってきます。時間を確保して短時間で作業しているのなら問題はありませんが、惰性で崩れてしまった場合などは収入がなくなってしまいます。
これらのことからフリーエンジニアとしてのメリットはエンジニアとしての実績ができ、それにより収入が得られる、収入が増える、仕事も生活も自由度が高くなるということがあげられます。反対にデメリットは、収入が不安定になる、仕事以外の雑務が増える、自己管理が必要になるがあげられます。

何に基準をおくか

収入はそこそこでいいから安定した生活がしたい、という場合は会社員を選ぶべきでしょう。しかし、「もっと稼ぎたい!」「自分のエンジニアとしての実績をつくっていきたい」「生活の自由度が欲しい」という場合はフリーエンジニアの方が適切といえます。それぞれのメリット・デメリットを知った上でよく検討してみてください。

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】