フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

エンジニアは現実的な感覚を持って独立すべし!フリーエンジニアになるということ

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニアとしての独立とは?

フリーエンジニアとしての独立とは?

フリーエンジニアとして独立したいと思っているは少なくないでしょうが、実際には、多くの人が誤った考えを抱いていると思われます。フリーエンジニアとして独立するというのは想像以上に難しいものでもあり、単純に「社長になってみたい」という考えだけで独立を考えている人は失敗する可能性が高いでしょう。一体どうすればフリーエンジニアとして独立を成功させられるのでしょうか。

エンジニアにとっての独立

エンジニアにとって独立することは収入、勤務時間、そして働く場所などの自由を勝ち取ることと考えられることが多いものです。こういった見方は一面では正しいですが、過度に期待してはいけません。フリーだからといってもちゃんと納期もありますし、それにともなって勤務時間も決まってきます。働く場所は自由になるかもしれませんが、その分クライアントと会うために場を設定しないといけませんし、色々な経費がかかって収入を圧迫するということもあります。あの人が独立できたのだから私も、という考えは大敵であり、どういった独立が出来るのかということを具体的に考えていく必要があるのです。

こんな人は独立しちゃダメ

独立してはいけないタイプのエンジニアも沢山居ます。独立は誰にでも向いているものでもなく、サラリーマンタイプの方が成功するということも多くあります。独立してはいけない典型が”お山の大将になりたい”、”社長と呼ばれたい”という人です。このような動機で独立すると、無駄に業務を拡張してしまったり従業員を抱え過ぎたりと経営に問題が生じることがよくあります。また、あまりにも自由な働き方を求めすぎてしまうのも問題です。フリーエンジニアは顧客が命ですが、自由を優先する余り肝心の顧客を逃してしまうということもよくあるのです。
フリーエンジニアとして独立すると、あることに気づくことがあります。それは、前よりももっと収入を得ようとがむしゃらに働かなければならないという焦りです。こういった焦りがあるために自由に働けない期間も出てきます。雑誌に出ているようなフリーエンジニアも相当の期間をがむしゃらに働いた結果として、ある程度の自由を得ているのです。こういった現実を認識するには、何よりもフリーエンジニアとして働いている先輩とお話するのが一番です。フリーエンジニアの人は後輩思いの人が多く、面識がなくても話を聞いてくれるということはよくありますから、積極的に話を聞いて実際のところフリーエンジニアとしての独立とはどういったものなのか、生の声を聞いてみることで理解を深めることが大切です。そうすることで、ビジョンもより明確になりますし、何よりも「社長と呼ばれたいから」といった安易な考えはなくなるでしょう。

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】