フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

エンジニアなら転職よりも独立?フリーエンジニアって実際どうなの?

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニアってどうなの?

会社員エンジニアの不満の多くは、評価=報酬です。不景気もさることながら、歴史が浅い上に進化の早いITという技術分野において、エンジニアのスキルを正当に評価できる評価者が少ないことは、ある意味いかたしかたないことともいえるでしょう。スキルに自信を持つエンジニアが本当に納得のいく報酬で働こうとするなら、思い切ってフリーエンジニアとして独立するのがベストかもしれません。

今のIT業界で求められている人材とは?

今のIT業界で求められている人材とは?

プラス成長傾向にある国内IT市場は今後の4年間でその成長率が1.3%にとどまると考えられています。その原因は今のビジネスモデルや業界の構造上の問題などがあげられます。今後のIT市場において、求められる人材には、知識ではなく、それを使って何ができるかということが求められるようになってきています。業界全体として技術力という観点では、入社後も勉強し続けることができる人を求めており、様々なツールを使って目標を達成していくことが想定されています。その上で問題解決能力も必要不可欠であるといえます。このように、今後はその都度使用するツールについて勉強し、それらを使って何ができるかということを重視されるといえます。

フリーエンジニアとしての独立とは?

フリーエンジニアとしての独立とは?

フリーエンジニアとして独立を考えている人は多いと思いますが、共通して言えることは、現実感覚のないまま独立しようと思っていることです。フリーエンジニアとして独立したからといってすぐに自由や収入が手に入るわけではありません。誰もが成功するとは限らないですし、サラリーマンの方がよかったという人もいます。「社長になりたいから」などといった安易な考えで独立をしては大変危険なことです。経営に無理が生じたり、現実と理想が噛み合わなくて立ち行かなくなるかもしれません。まずは独立した先輩に話を聞いて、フリーエンジニアとしての独立がどういうものかを聞いてみましょう。

フリーエンジニア募集案件を検討してみよう

フリーエンジニア募集案件を検討してみよう

フリーエンジニアとして働く人が増えていますが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。まず、収入が増えます。エンジニアとしての評価が収入に直結するので、頑張れば頑張っただけ報酬に反映されます。仕事を選べるので自由度も高く副業も可能です。遊びや勉強、家庭のことなどの時間をとることもできます。仕事をする場所も選ばないので自宅で作業することが可能です。しかし、自由度が高いということはしっかりと自分で管理して仕事をしないといけないということです。仕事ができなければ報酬は入らないので不安定になりがちです。頑張った分報酬が欲しい方、生活の自由度が欲しい方はフリーエンジニアを検討してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】