フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

まずはそのフリーエンジニア募集による要望を整理しよう

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニア募集の案件は”相手の要望”を知ろう

フリーエンジニア募集の案件は”相手の要望”を知ろう

フリーエンジニアになったからには、自分の実力に見合う案件を探す必要があります。最も大切なことは、相手側の要望は何であるかということを募集要項を見てキャッチすることです。相手が求めている人材と自分の能力がマッチした場合、条件が折り合えば良いご縁となる可能性も高くなるからです。相思相愛の案件探しをするポイントとはどのようなものでしょうか。

自分の中で譲れない条件と相手が提示する条件を比較する

フリーエンジニアは、自分の能力で世の中を渡り歩く自信を持っている人が多いものです。どんなにやり甲斐がある仕事で通勤が便利でも、報酬金額が平均よりずっと低い場合にはフリーとして働くメリットを得られないと感じる人もいるのではないでしょうか。相手の募集要項を見て、自分の中でまず譲れない部分に関して基準を設けておきましょう。あれもこれもと求人を見ていると、段々訳が分からなくなってくるものです。自分でしっかりと希望条件への優先順位が決まっていれば、より納得のいく案件を残すことができます。

相手が求めているものをイメージしてみる

例えば報酬が高い案件の場合、相手側はそれだけの能力を求めてくることになります。大きなプロジェクトを任された場合、勤務地が遠いというのは残業をする際にはデメリットとなります。企業側としてはその報酬でしっかりと働いてくれる人材であることが条件なので、引き受けてしまってから「通勤が大変なのでできない」は通用しないのです。一つ一つの待遇の背後にある企業側のニーズに関してよく考えてみることが大切です。

自分にとってキャリアアップに繋がるところか考えてみる

募集条件に関しては申し分ないと思っても、自分の得意分野ではなかったり、新しいスキルが身につなかいような業務内容の場合もあります。目先のことに捕らわれて応募してしまうと、後でもっと充実した仕事ができる募集を見つけてショックを受けることになりかねません。人は本当にやりたいことがある場合、待遇面である程度の妥協をしても良いと思ってしまうものです。この仕事が終わった時に、確実に自分はキャリアップしている、もしくは何かしらの付加価値を身に付けられている、と思える求人を探しましょう。

幾つか接点がある場合には面接で交渉を

フリーエンジニアを雇う場合、企業も面接で何かしらの条件交渉を覚悟しています。特に報酬面と勤務時間に関しては「フリー」の特権を活かし交渉しても構わないのです。全ての条件にこだわらず、幾つかの不満な点がある場合には直接交渉をすることにより、条件をのんで貰えることもあります。「この部分を何とかして貰えれば、これだけの仕事ができる」という相手にとってメリットとなる部分をアピールできるように考えましょう。

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】