フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

会社を辞めたいエンジニアは、転職よりも独立!フリーエンジニアの道しるべ!

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

エンジニアの皆さん、こんにちわ。ところで、今、「会社辞めたいな。転職しちゃおうかな。」そう思っている理由は何ですか?今の会社の人間関係に疲れた!報酬が低すぎる!評価が見合わない!仕事がつまらない!もっとステップアップしたい!などなど、その理由は人それぞれだと思いますが、ITエンジニアなら、今あげたどの不満も解決できる転職以外の方法があります。それが、フリーエンジニアになること!今持っている不満は、勤め先を変えたところで解決できるという保障はありません。むしろ企業に勤めている以上、解決できない問題ばかりです。手に職を持つエンジニアなら、独立してすべてを解決することも非現実的ではありません。人手不足に悩むIT業界では、フリーエンジニア限定の求人募集があふれています。

フリーエンジニアってどうなの?

フリーエンジニアってどうなの?

会社員で働いてきたエンジニアにとって、フリーエンジニアというキーワードは甘い誘惑とともに危険な香りに感じるものでもあるかもしれません。「興味はあるけど、実際どうなの?本当に成り立つの?」というのが、本音でしょう。実際、会社員以上のリターンを期待できる代わりに、会社員なら背負うことのないリスクを背負うことは否定できません。しかし、一度フリーエンジニアとして独立したからと言って、二度と会社員に戻れないわけでもありません。腕に自信のあるエンジニアなら、フリーエンジニアと会社員の間は片道切符ではなく、往復切符で行き来できます。 詳しくはこちら

フリーエンジニアとしての市場価値を知ろう!

フリーエンジニアとしての市場価値を知ろう!

学校を卒業したら会社に就職するというのが、今の日本の一般的な流れです。そんな中、エンジニアのタマゴたちもまずは会社に就職する道を選ぶでしょう。それはそれで正解です。しかし、IT業界においては社員としてのエンジニアを育てる重要性も認めつつ、フリーエンジニアの存在感も無視できない状況となっています。その背景には、IT業界特有の事情があります。進化の早いIT業界だからこそ、企業がフットワークよく柔軟な動きをするために、フリーエンジニアの存在が見直されています。裏を返せば、現場で即戦力となれるハイスキルなエンジニアの市場価値は決して低くないということです。 詳しくはこちら

フリーエンジニア募集案件に応募するならここをチェック!

フリーエンジニア募集案件に応募するならここをチェック!

会社員としての求人募集とフリーエンジニアの求人募集を両方眺めていると、フリーエンジニア募集の方が格段に報酬が高いと感じるかもしれません。しかし、会社員とフリーエンジニア=個人事業主では、その報酬から支払わなければならないものの種類も変わることも頭に入れておく必要があります。当然、社会保障も違いますし、フリーエンジニアの場合、その報酬が得られる期間にも制限があります。そのような諸々の条件の差異も十分に加味しながら検討することが重要です。つまり、フリーエンジニアの募集案件は報酬だけで選ぶのではなく、その他のあらゆる要素をしっかり吟味しなければならないということです。 詳しくはこちら

Copyright © 2014 フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】 All Rights Reserved.

フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】